MSRのハビチュード4のテントってどうなの?大きさは?口コミは?

テント

MSRとは?

「Mountain Safety Research」の略で、1969 年に登山家のラリー・ペンバシーが設立しました。人々の「山での安全」に対する意識の向上を図ることが目的でした。

当時市場に出回っていた登山用具が公表されているスペックよりも低い荷重で破損してしまうというものが多くありました。

登山家の安全を守る、高いスペックを追求する、ということが目的で作られた会社なんですね。

ハビチュードとは?

親から子へ、アウトドアの楽しみを伝えるホームベースとなるテントです。

MSR公式サイトより抜粋 https://www.e-mot.co.jp/msr/product.asp?id=664

そう、ハビチュードはソロキャンプではなく、家族で親から子へアウトドアの楽しさを伝承していくのに適したテントなんです。「ハビチュード4」と「ハビチュード6」があるのですが、「ハビチュード4」は4人用、「ハビチュード6」は6人用です。

公式サイトより引用

ハビチュードとは?

「ハビチュード4」スペック

定員4人
重さ5750g
収納サイズ横58×高さ23cm
室内最大高185cm
フロア面積5.8m²
前室面積2.18m²
公式サイトより引用

おすすめポイント

ファミリーモデル

ハビチュード4はファミリーモデルで、家族や友人など4人くらいまでで利用するのに適しています。ただし、成人男性4人はちょっと狭いかも。成人男性でしたら3人くらいまでがベスト!

天井が高い

天井は一番高い部分で185cmあるので、テント内の着替えも楽々。

MSRならではの強度

登山用のMSRならではの、強度で強風や風雨にも耐えられる設計になっています。

ポールがちょっと細いんじゃないの?と思った方もいると思いますが、「7000シリーズのアルミニウム」が使われているんです。

7000シリーズのアルミとは「アルミニウム、亜鉛、マグネシウムの合金」で、アルミ合金の中でも特に高い強度を持ち、航空機や鉄道、宇宙産業、産業用のロボットなどにも利用されているものなんです。

めっちゃ強度あるじゃん!

ジッパーがステンレス

じゃあ、ジッパーも強度の高い7000シリーズのアルミ?と思った方もいるかもしれませんが、こちらは強度よりも、滑らかさ重視

出入口部分のジッパー部分がステンレスなので、滑らかに開け閉めできます。

5キロちょっとで軽い

なんといっても、強度があるのに軽いことが一番の魅力ですね。

4人用テントは、通常10キロほどはあるのでとてもポイント高いですね。

LEDライト付き

付属で専用LEDライトもついているので、ポーチを照らすのも、専用品なのでGOODですね!

10分で設営完了

しっかり説明書を読みこまなくても直感的にわかるので、設営も10分ほどでできます。

MSR ハビチュードの設営方法

そう、取扱説明書もPDF1枚のみ。笑

口コミは?

使っている方、揃って「とにかく家族で使用するのに良い」という方ばかり。

また子供がいる家庭でも、設営が簡単、子供でも持てるくらい軽い、というところも良いですね。

悪い口コミも欲しかったのですが、残念ながら(笑)見つかりませんでした。

Amazonで買える

2020年5月に発売してから、結構人気なので、入手困難になりかねない逸品ですね。

最近、ソロキャンパーみんなでそれぞれのMSRって方も見かけるようになりましたよね!

タイトルとURLをコピーしました