【MAAGZ】(マーグズ)多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)ってどうなの?口コミは?どこで買える?

焚き火台

MAAGZ(マーグズ)とは?

2019年に東京・八王子で発足したブランドで、アウトドア用品の企画・開発を行っています。

Makuakeのクラウドファンディングで「RAPCA」(ラプカ)を発売し始めたところから始まったんです!

さとみ
さとみ

Makuakeでは驚異の達成率2500%を超えたらしいよね!

販売前から期待が大きかったんだね~

アウトドアのブランドとしては、まだまだ新しい会社ですよね。

でもだから、柔らかい頭で常識を覆すような画期的なキャンプグッズができるんだね。

さとみ
さとみ

コールマンやスノーピークのような大手ではない、小回りの利いた面白い、作品が多いよね~

多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)とは?

サイズは?

Amazonより

組立時:W380〜395mm x H345mm x D345〜350mm

収納時:W353mm x H345mm x D13mm

重さ:本体 1,800g、風防 778g

さとみ
さとみ

1点ずつのハンドメイドなので、サイズは多少個体差があるんだよね~

そんな所も愛着わくね!

コンパクトになる

Amazonより

焚き火台によっては

コンパクトにならないものもあるけど、多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)はかなりコンパクトになりますね!ペッタンコ!

さとみ
さとみ

コンパクトにはなるけど、2kgくらいで、ちょっと重たいから車でキャンプに行く方におすすめですね!

薪は切らずに入る

Amazonより

キャンプ場や道の駅などで売っている薪が入らない焚き火台がありますが、多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)なら、切らずに薪が入ります!

さとみ
さとみ

コンパクトな焚き火台買ったのは良いけど、薪を切るのに苦労することがあるよね~

その点、切らずに入るのは嬉しい!

燃焼効率が良い

Amazonより

風防もついているので、燃焼効率もすごくいいんです。

薪がよく燃えるので、焚き火はもちろん、肉を焼いたり、お湯を沸かしたりといった利用でも不便ないですね。

フォルムが美しい

Amazonより

アート・WEB・建築など、いろいろな分野の作り手たちが一つとなって作った多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)ならではのデザイン!

このデザインに魅了されて、ひとめぼれされて購入された方も多いですよね~

専用収納袋つき

焚き火台RAPCA(ラプカ)
Amazonより

MAAGZの工房で一点一点手作りした専用収納袋もついてきます

もちろん、素材も妥協のない倉敷帆布を使ったもので丈夫なものですね。

さとみ
さとみ

収納袋はオマケ程度に思っていたけど、こんなしっかりしたものがついてくるなんてすごいですよね~

多次元型焚火台「RAPCA」(ラプカ)の口コミは?

き火調理を前提として、鑑賞、コンパクト収納、拡張性、このあたりの優先順位が高い方には最適な商品です。一台で焚き火台に求めるすべての需要を満たせる仕様なので、複数持ちや買い換えは基本的には不要です。ピコグリルの上位互換のような商品ですが、価格や重さに関しても上位互換です。

Amazonより

長年、ユニフレームのファイヤグリルを利用しています。比較するとラプカの方が、燃焼効率が良いです。空気が入りやすいのか、薪がよく燃えます。オプションのニコイチごとくを利用し、料理もしやすいです。とても良い買い物ができました。

Amazonより

素晴らしい外見が特徴の焚き火台です。底面が平面で自由に置けるので、好きに焚き火をデザインする事が出来ます。軽さや小ささは普通程度。

Amazonより

ファミリーキャンプで使用。簡単に組み立てられ、片付けも早い。風防があることで灰の処理場まで灰をばら撒かずに運べる。薄く収納できるのが特によい。風防まで全て入れるとそこそこの重さになるが、許容範囲内。あとは、耐久性を使いながら見ていきたい。

Amazonより

どこで購入できるの?

Amazonや楽天市場で購入できますね!

タイトルとURLをコピーしました